ぬまのつぐみ

おもにサウナで気持ちよくなったことを自慢するブログです

キュア国分町

仙台からの帰り,どうせ新幹線は満席なのでサウナへ向かう.仙台から二駅,キュア国分町へ昼過ぎに到着.

f:id:mehoso2002:20160822223303j:plain

 

ここは仙台で一番好きなサウナ.関東にも出来てくれないかなあと,いつも思う.

 

 施設内はすべて清潔で気持ちよい.サウナの温度・湿度も最高.肝心の水風呂も水深90cm, 17-18℃ほどの水温で,循環も激しいのでヌルくならない.しかも繁華街の割に,ちゃんと外気浴スペースがある.体を洗い(アメニティも豊富なのだ),サウナと水風呂をとりあえず三往復して外にゆき,オッサン共と裸でごろ寝する.

 

 起きてからまたサウナに行くと,ちょうどロウリュサービスの時間であった.こちらのロウリュは丁寧な内容で,まず10回アウフグース→冷おしぼり配布→10回アウフグース→おかわりタイムの流れ(この日はサウナが満席だったので,10回が5回にされてしまった).全身ビリビリにしてもらって,水風呂に沈み,浴室を出る.

 

 キュアはレストルームもお綺麗.軽食ももってきてくださるし,漫画のラインナップも新刊までカバーされている.3時間ほど仮眠して,再度サウナへ.(ここはタオルが脱衣所に積まれているタイプである.ウェルビーグループもだけど,新しいタオルが使えるのはとても嬉しい).

 ちょうど夕方のロウリュの時間だった.明るいオジさん熱波師三人組に,3方向からお見舞いされる.「ああ〜幸せですぅ〜〜」と呟いたら笑顔で強風を送ってくれた.

 

 もう思い残すこともないので,お土産に萩の月を買って東北新幹線で上野へ.お盆でも立ち席なら空いていると知ったので,もう繁忙期も怖くない.

 上野に着いて,サウナセンター大泉に向かうかよっぽど迷ったけど,ぐぬぬっと我慢して帰宅.楽しい一泊二日の仙台旅行だった.

広告を非表示にする