読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬまのつぐみ

おもにサウナで気持ちよくなったことを自慢するブログです

湯楽の里

サウナ

夜勤中にムラムラきた。

「サウナに・・・サウナに入りたい・・・」

夜勤明けに原付で土浦へ。

f:id:mehoso2002:20170227221619j:plain

(腹立たしいほどに快晴)

 

幹線道路を避け、田んぼ道を走ること三十分。目的地に到着。

 

f:id:mehoso2002:20170227222155j:plain

 

今日は湯楽の里土浦店だ。入浴料とタオルセットを合わせても1000円以下。平日昼間だというのに、なかなかの混み具合だった。

 

浴室出入口に近い洗い場に陣取ると、ロン毛のお隣さんが貞子状態で洗髪中。(綺麗な黒髪だなあ)

頭と身体を洗って内湯に浸かる。洗い場のほうを見ると、さっきのお隣さんはまだ貞子状態であった。(髪が長いと大変だな・・・)と思っていると、顔を上げて髪を結い、そのまま水風呂へ直行する貞子。

 

(貞子サウナーかよ・・・俺もサウナ行くべか)

 

水風呂で歯をくいしばる貞子・・・の顔をチラッとみたら、近所のセブンの兄ちゃんだった。(以前のブログでも書いたぐらいには仲良し)

 

話しかけようと思ったが、彼も仕事終わりで風呂に入っているわけで。勤務先の客なんぞに話しかけられたら営業モードにさせてしまうかしら・・・結局人見知りが発動して喋れず。

サウナ自体は、よくある高温乾燥型のサウナ。水風呂も18度ぐらい。外気浴スペースもあり、文句なし。1時間ほど居座って退店し、昼から登校した。

 

深夜4時ほど、帰宅途中にセブンに寄る。居た、貞子の兄ちゃんだ。

 わ「今日湯楽の里に居ませんでした?」

 兄「居ましたよ〜。お兄さんも居ました?話しかけてくださいよ〜」

いつもの爽やか笑顔で対応してくれる兄ちゃん。

 彼は週2, 3のペースで通っているらしい。他の客も居ないので(失礼)、しばしの間、この界隈のサウナ事情を立ち話し。普段から喋っていると気持ちの良い兄ちゃんなのだが、サウナを話題にして更に仲良しになれた気がして嬉しい日だった。

広告を非表示にする